プロフィール

目安時間:約 3分

コペルのプロフィール 目次

  1.  始まりは一冊の本

  2.  荒れる学校の中で見つけたこと

  3.  自然は人に良い影響を与える?

  4.  自然の中での暮らしが始まった!

  5.  環境にダメージを与えない農業がある?

  6.  イギリスの伝統船を作る旅へ出かける

  7.  自然と人、自然と教育、自然と遊び、自然をあらゆる方向から探って迷走する?

  8.  ペルーの国立公園でボランティアを始める

  9.  食の大切さ、人と人の繋がりの大切さをペルーで実感!

10. 帰国!日本っておかしな所がいっぱいある!?

11. 自然な暮らし研究所コペル開設!

12. 心も体も健康で生きることのできる世界を目指して

 

始まりは一冊の本

私が自然と人間の関わりに興味を持ち始めたのは中学生の時でした。きっかけは、家の本棚にあった芦澤洋一さんの「バックパッキング教書」を見つけたことです。そこには大自然の中で、できる限り、地球環境を破壊せず自然の中で、最低限の費用で最高の旅をするバックパッキングの世界が広がっていました。バックパッキングを皮切りにアメリカインディアン、星野道夫さん、田渕義雄さん、ヘンリーD ソロー、ジョン・ミューア、レイチェル・カーソンと自然と人間の関係性について深く関わった人たちの考え方や生き方に惹かれ、本を読みあさりました。

荒れる学校 

同時に、万引きやチーマーに入る生徒が増え荒れていた学校生活の中で、中の良かった友達が万引きしたしたことをきっかけに「自然には人に良い影響を与える何かかあるのではないか?」とも考えるようになりました。その後、自然環境科のある高校を卒業し、昆虫の生態を利用することで自然環境にできる限りダメージを与えない循環型農業を大学で学びました。社会に出てからは、自然体験インストラクター、農作業員、国立公園のビジターセンター職員、青年海外協力隊での活動を終え、現在は、有機農業に携わっています。

自然は宝物

自然を未来まで届ける事、自然に遊び学ぶ環境がある事がどれだけ私たち人間に恩恵を与えてくれることでしょうか。ぜひ、このページを通じて、自然と生きる未来を皆さんと考え、発信していきたいと考えています。

Pocket


ページの先頭へ