植物はコロナウイルスが広がる世界をどう見ている?

目安時間:約 2分

本日も、野菜の苗に水を上げに畑にやってきました。2週間前に蒔いた種たちは続々と芽を出して成長しています。彼らの元気な姿を見てふと「コロナウイルスは植物には関係ないんだー」「でも野菜たちはコロナが広がっている世界について何か感じているのかな?」なんて思いました。

丸ズッキーニ

ウイルスと野菜

私の中ではウイルスっていうと農作物に被害を与えるものっていうイメージもあって、 ジャガイモがウイルスにやられたとか、アブラムシが野菜の汁を吸う過程でウイルスを入れちゃって作物が枯れちゃったとかそんな光景を目にしたことがあります。

ウイルスは良いやつ?悪いやつ?

聞きかじっただけですが、ウイルスは今までの歴史の中で疫病や病気として私たち人間に大きな被害を与えてきたそうです。けれでも、悪い影響だけでなく、生命の維持や進化する過程で大きな役割も担ってきたそうです。結論、必要だからこの地球に存在しているのだと思います。

現在の人間の生き方・暮らし方は地球にとってどうなん?

大切なのは、あまり人間の思い通りにしようとか、人為的に作り出した歪な環境を作り出して、ウイルスの家である自然環境・生物多様性を破壊してきた私たち人間の生き方・暮らし方をどのように変えて行ったら人間にとって地球の未来にとって望ましいのかな?ということなのだと思います。

Pocket


カテゴリ:未分類  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ