どんな農業が地球を救う?

目安時間:約 2分

環境にも健康にも良い野菜の育て方がある?

農園コペルでは野菜を育てるのに、農薬や化学肥料は使っていません。

が!化学肥料を使えば、子どもが大喜びするとっても大きなサツマイモを作る事もできますし、短期間で、ほぼ同じサイズに揃った野菜も作りやすくなります。

 

では!なぜ使わないのかと言うと、費用がかかります!(笑)し、化学肥料を作るのに地球資源が多く使用されています。また、化学肥料を投入し続けた畑では、土の中の菌の多様性が乏しくなり、野菜の病気が発生し、持続的ではないと考えるからです。

 

だから、そんなにサイズが大きくなくても、美味しくて、地球環境にダメージを与えず、食べて健康が維持される野菜を育てたいですし、その方がこれからは多くの人に喜んで頂けるのではないかと思います。

 

アボカドの木が大きくなっています。

サツマイモ、長ねぎ、里芋の親芋

 

 


カテゴリ:農業  [コメント:0]

不登校の息子を救った母親 3つのルール

目安時間:約 1分

ヤフーの記事を見ていて、とても良い記事だなと感じましたので共有します。

不登校になった息子の気持ちが分からず、世間体に気にしていたお母さんが、ある先輩お母さんの言葉をきっかけに、息子に対する自分の態度を改めることで、息子の心を開いたというお話です。詳細は以下、「不登校新聞」のリンクをご参照ください。

https://futoko.publishers.fm/article/22765/


カテゴリ:教育  [コメント:0]

手作りご飯は健康の源?

目安時間:約 2分

手作りご飯は健康の源?

皆さんは普段手作りで料理されますか? 私は、毎日自炊してきたこともあれば、毎日外食やコンビニ弁当を食べる生活もしてきました。その経験からわかったことがあります。それは自分で料理している生活が続いているうちは体の調子が良いということです。逆に大学生の時でしたが、2週間ほど続けてコンビニ弁当生活を続けていた時は、朝や夜の花粉症がひどくなることがありました。また、自分で作った料理を食べている生活が続くと、スリムで太ったりはしませんが外食を続けると、あっという間に太るというか太りやすい体質になるように感じます。また料理を作るのが億劫な人は別かもしれませんが、料理を作る楽しみってありますよね。美味しそうな香りや、様々な色の食材を組み合わせると鮮やかな料理が出来上がったり。自分で育てた野菜を使ったら普段の3倍美味しく感じますね。
健康の秘訣は料理を作る。または作ってもらう。笑 みんなで食べて語らうことでしょうか。
太らないスリムな生活も手作り料理から。
忙しくて、疲れている時こそ、手作りの料理が、身も心も満たしてくれるのではないかなー と思ったコペルでした!

ちなみに写真は「ポジョ・サルタード」というペルーのパスタ料理です。ポジョは鶏肉。サルタードは炒めるという意味になります。ペルーの一般的な家庭料理です。


カテゴリ:料理  [コメント:0]

1人の行動がシステムを変える?仕組みが人の行動を変える?

目安時間:約 2分

昨日、WeMORI様主催の 谷口たかひさ・辻井隆行・清水イアンさんの会談の配信を視聴しました。お話の中で地球の未来に向けて行動する際に、1人の行動がシステムを変える方向とシステムを変えることで人の行動が変わるという方向性があるけれど、皆さんはどう思いますか?という質問がありました。谷口さんは1人の意識と行動が社会を変える力になる。辻井さんはそれが前提であり、システムについても変える必要性があるというようなことをおっしゃっていました。どちらもその通りだと思います。1人の行動や意識が周りに伝わって、数が増えて、少数が大多数に変わる。そんなことが今まで社会の中で起こり良い影響を与えてきたのではないかと思います。同時にシステム・仕組みを変えてしまえば、人の行動が変わるというのも事実だと思います。最近、ガイアの夜明けで取り上げられた、佰食屋を経営する中村朱美さんの「売上を減らそう」を読みました。これは中村さんの考えのもと、一日、100食限定というシステムにすることで、社員が会社の犠牲になることなく、会社と社員の利益の両立を目指したものです。中村さんの「仕組みを変えることで人を幸せにしたい」という言葉が印象的です。


自然の中で遊ぶことが子どもの成長にもたらすもの・・・とは?

目安時間:約 1分

先日、子どもたちと野菜の苗を一緒に植える機会をいただきました。子どもたちは、虫がいると「きゃー」とか手が土で汚れて「嫌だー」とか言いつつも、ダンゴムシ触って土の中に戻そうとしているし、なんだかんだで野菜の苗をプランターに植えることができました。タイトルに教育と農業なんて書きましたが、子どもが自然に触れる機会があることが大切だと思っています。子どもたちが野菜の苗を植えた体験がそのままその子の成長に役立つなんてことはわからないけど、自然の中で、色んなものや人と触れ合うことが良いのじゃないかと感じてます。こういう機会をいただけるなら、私としてはぜひやらせていただこうと思います。


カテゴリ:未分類  [コメント:0]

1 2 3 7

ページの先頭へ